政治家の仕事とは

政治家の仕事内容は、個人や企業などから成り立つ社会全体の利益を考えて、それぞれの意見を調整し、方向性を示して実現していくものです。
経済でマクロ、ミクロが言われるように、個人や企業にはそれぞれの利益や主張があり、そういったミクロの単位で社会を見ると、長期的な視点を失ってしまいがちです。
政治家の視点だからこそできる仕事例として、郵政民営化、ゼロ金利、公共バスや電車に企業広告を大々的に載せるなど、企業の利益を図りつつ、単独の企業ではなしえない事業の数々があります。
政治家の仕事は、一人ひとりの利益を守るためには、時として痛みを伴うような改革だとしても考え、実行することが大切だといわれています。

政治家の仕事現場

政治家の仕事というと、選挙演説で熱弁を奮ったり、当選後はのらりくらりとした発言で責任を回避したりすることを思い浮かべがちです。
政治家の仕事の実際というと、とにかく上下関係の厳しさと、仕事の忙しさ、責任の重さが挙げられます。
20〜30代は、給料はまあまあ、ただし残業代もなく毎日睡眠2〜3時間ほどしか取れない激務が続いて、遊ぶ暇もないほどのようです。
40代以降は、一流企業と比べてもはっきりと差が開くほどの高給になり、時間の余裕もできますが、その地位を守るための保身を優先して、目標を見失ってしまう政治家が社会問題となっています。
政治家の仕事は、国民の税金を効率的に使って、国民の生活を守る長期的な計画を立てたり実行したりするものです。
目先の欲や保身、自分の組織の利益保全などに走らず、公正な理想を求める政治家に一票を投じてみたいですね。

政治家になる為には

政治家になる為には、何と言っても避けられないのは、選挙、当選です。
政治家は、地方議会から国会までさまざまな分野で活躍しています。
政治の分野で政治家として活躍するには、政治理念や理想、政策を立てて実行する力以前に、「選挙に勝つ力」が重要になってきます。
選挙に勝たなければ、実行して評価を得ることもできません。
選挙に勝つための努力を最初にすると言っても、別に本末転倒にはならないところが、政治家になる為の道の奥の深さです。
政界で人気を得、選挙での支持を受け続けることに成功している政治家は、誰でも人への配慮の細かさが評価され、後輩を育てることでさらに長く政治家としての役割を果たしています。人との関わりの大切さが問われる仕事ですね。
選挙に関するアドバイスや、自らを手本として人との接し方が学べるような政治家について学ぶことが、政治家になる為の第一歩といえるでしょう。

政治家になる為には2

政治家になる為には、地元の議員に立候補したり、有名人の中には、いきなり国会議員に立候補する人もいますが、まずは選挙です。
筆者の地元の市議会選挙で、最近興味深い風景を見ました。
20台後半の明らかに若く、社会経験が短そうな青年が、毎週決まった日に早朝、夕方のラッシュ時間を狙って、地元の主要ローカル駅で必死で演説をしている風景です。
政治家になる為に、政治家が選挙数日前に選挙カーでがなりたてるうるささにうんざりすることが多いのですが、この青年は、市民がいつ、どの選挙があるのかの告知すら知らない数ヶ月前から、毎日駅を変え、手作りのチラシをまき、使い古した自転車で回りながら演説していました。
政治家は、選挙のときだけうまいこと言って、あとは責任逃ればかり言ってるような人などと思っていたのですが、こんなに毎日働いている若い人が、市民のために活動しようとしてくれるなら、と、生まれて初めて投票に行ったものです。
結果は見事、当選。興味ないようにほとんど無視していた多くの人も、みんな投票したのでしょうね。
政治家の仕事は遊ぶ暇どころか、睡眠時間もままならないほど忙しいと言われていますが、彼が政治家として成長して、本当の市民の利益のために活躍してくれることを期待しています。

政治家